キズが目立たないフローリング補修はプロにおまかせ

subpage01

フローリングは、サッシ戸の近くが濡れてふやけるなどして劣化が進みはがれてきたり、部屋の模様替えで家具を引きずってできた傷、たばこなどの焦げ跡が残るなど、部分的に傷みがひどく見た目が悪くなって困っている人もいるのではないでしょうか。



ペットを飼っていると、爪のあとがついてしまうこともあります。日の当たる部分は、ふつうに変色してきますしある程度劣化したら直す必要性が出てきます。
特に部分的にはがれていると足の裏などに刺さってしまう危険があるため、早めに対応したほうが良いです。DIYが得意なら自分で何とかしようと、市販のアイテムを購入してきて対応を行おうとする人もいるでしょう。でも色合いがなじまなかったり、イメージと違う仕上がりになって余計なことをしたと後悔した経験がありませんか。

フローリング補修のプロであれば、まるで張替えしたかのように気になるキズや跡を目立たなくしてくれます。

あなたのご要望に応えるGirls Channelの知識が身につきます。

フローリング補修のプロが行うのは、どういった方法があるのでしょうか。一般的に傷跡を補修するときには、そのままくぼみを埋めようとしてしまいますが、実はいったん破損部分や変色部分を、サンドペーパーで削るなどして整えてから埋める作業を行います。
フローリングの素材に合わせた補修材をそろえていて、木目などもきれいに復元してくれる技術を持っています。



フローリング補修をプロが行う場合、状況を確認してから見積もりを作ってくれます。
かかる費用や作業時間を把握してから依頼するか決めることができます。


フローリング補修をプロに頼めば、新築のようなつややかさを取り戻し、快適なフローリングの使用感に生まれ変わります。