プロのフローリング補修の紹介

subpage1

毎日の生活の中で、劣化がすすむフローリングの汚れや傷に気付いていても、どうしようもないとあきらめていませんか。


劣化の原因を把握して対処するのがプロの仕事です。

フローリング補修の劣化の原因となる要素は3つあります。
まず、摩擦、キズです。家具などの移動でついたすり傷。

フローリングの補修を検索してみてください。

水分、水拭きしてついたシミなどです。


油汚れ、キッチンの油はねなどです。

T-SITEの初歩を知らない方でも理解できるよう情報をまとめたサイトです。

これらを3つの技術でフロアコーティングします。

フローリングを美しく保つためのコーティングを施します。

手遅れになるまえに、復元工事を施します。


まず、ワックスで汚れの除去を試みます。
次に、劣化部分のリペアを徹底して行います。最後に劣化を防ぐ保護コーティングを行います。
フローリング補修の作業は、プロの目で補修個所を復元させるための要素を見つけ出すことから始めます。プロであるこだわりは、補修に使う専用のワックス剤を使用し、特殊な道具を駆使することにあります。



劣化を元に戻さないような工夫も施します。


色あせたフローリングは、家の劣化を象徴するものとして見栄えを悪くしています。


フローリング補修を施工することによって、素材のよさが復活することができます。
家を建築したときのフローリングは、輝いていました。
ワックスがけを怠らなくても10年もたてば、キズやはげる現象がでてきます。

まず、専門家であるプロに診断をしてもらうことです。

大幅な張替えを選ぶのか、それとも職人の復元工事による小規模な補修ですませるのかは、プロの目でみてもらうことから始まります。

身に付けたい知識

subpage2

生活していくとフローリングに物を落下させるなどの行為によって、少しずつ傷が増えていきます。厚みがあるので多少の傷ができても問題はありませんが、来客があった時などの見栄えに影響するので、フローリング補修によって綺麗にしておきましょう。...

next

最新情報

subpage3

フローリングは、サッシ戸の近くが濡れてふやけるなどして劣化が進みはがれてきたり、部屋の模様替えで家具を引きずってできた傷、たばこなどの焦げ跡が残るなど、部分的に傷みがひどく見た目が悪くなって困っている人もいるのではないでしょうか。ペットを飼っていると、爪のあとがついてしまうこともあります。...

next

生活をよく学ぶ

subpage4

フローリングはものを落としてしまったり家具を引きずったりしてすぐに傷付いてしまいます。そのままにしておくと見た目が悪いからと絨毯を敷いてしまうという方もいるかもしれませんが、最近はフローリング補修のためのグッズが数多く販売されており、コツさえ掴めばプロのようにフローリング補修をすることが出来るのです。...

next

生活の事柄

subpage5

和室が減り、全室フローリングという所が増えてきています。掃除や管理が畳と比べてはるかに楽でいいですよね。...

next